ブログ

【活動報告】うつ病の方をパートナーに持つ方のための『パートナー茶話会』を開催しました。

パートナー茶話会リーフレット_1

みなさんこんにちは。うつ病再発予防・復職・再就職支援【ビューズ@名駅】スタッフの成田です。
5月も中旬になり、連休明けで疲れが出てくる時期かと思います。
暑くなったり涼しくなったり、気温が安定しない毎日が続いておりますので、どうかご自愛くださいね。

さて今回は、先日開催されたパートナー茶話会の様子をご紹介いたします。
ビューズ@名駅では、うつ病などの気分障害で休職/離職中の方の配偶者様やパートナー様を対象とした「パートナー茶話会」を開催しております。お茶とお菓子をつまみながら、和やかな雰囲気の中で普段の悩みや対応に困っていることなどをざっくばらんにお話していただきました。今回は、ビューズに通所中の方と卒業生のパートナーの方にお集まりいただきました。

今回のテーマは「パートナー特有のストレスに対する解消法」について。
各自の意見を付箋に書き出していただき、全員で共有していきました。
パートナーとの関係では、うつ病をお持ちか否かに関わらず、様々なストレスが伴います。
そんな普段の生活で感じるストレスとして、どちらかが感情的になったときのコミュニケーションの難しさが挙げられました。
言い詰められると何も言えなくなってしまったり、逆に言い過ぎてしまう、などそれぞれのパターンがあるようです。
また生活リズムの違いなどもストレスを感じるといった意見もありました。

その場で双方向の対等な話し合いが出来れば一番いいと思いますが、
なかなかそううまくいかないことも多いですよね。

うまくコミュニケーションがとれず、ストレスにたまってしまうとき。
皆さんはどう対処されていますか?

今回出た意見としては、
・発散系(泣く、笑う、叫ぶ)
・その場から距離をとる
・楽しみを作る(一人で外出、ご褒美など)
などのストレス解消法が話し合われました。

それぞれに合ったやり方で、ストレスと上手に付き合っていることが話されました。

うつ病のご本人を支えるためには、パートナーの方自身が安定していることが大変重要な意味を持ってきます。
忙しい毎日の中でも、ご家族やパートナー自身のケアをする時間を意識的に取ることが大切ですね。

うつ病の方を支えるパートナー同士の集まりだからこそ理解し合えることもあります。
パートナー茶話会は、そんな日々のストレスや悩みを気軽にお話できる場としてご活用いただければと思います。

次回は8月20日(土)開催予定です。
またのご参加をお待ちしております!