お知らせ

【お知らせ】株式会社スタッフロール 共催イベントのご案内

愛知県内の支援者有志団体「若者支援ネットワーク研究会in東海(SyNeT)」主催の「若者支援フォーラム2019」が開催されます。株式会社スタッフロールは、本イベントの共催団体となっております。教職員・支援者・保護者の方へご参加いただきたいイベントです。
お申し込み、ご参加をお待ちしております。


「若者支援フォーラム2019 “働く”を考える」

診断にとらわれない支援を実現するために
教職員・支援者・保護者が知っておきたいこと

就職活動に困っている学生が、診断にとらわれない支援を実現するために、教職員・支援者・保護者が身に着けておきたい支援の知識を集めたフォーラムを開催します。
学生の就職支援にお悩みの教職員・支援者の方は、この機会をぜひご活用ください。

日時:2019年2月23日(土) 13:00~16:00(受付12:30~)
会場:ウインクあいち 10F 1001会議室(愛知県名古屋市中村区名駅4-4-38)
定員:100名/参加費無料

主催:若者支援ネットワーク研究会in東海(SyNeT)
共催:株式会社ユナイテッドユニーク/株式会社LITALICO/株式会社スタッフロール
後援:なごや若者サポートステーション

<プログラム>
第1部「診断によらない支援について」13:15〜14:15

肥田 幸子 先生(愛知東邦大学 人間健康学部 教授/人間発達学修士)

”「弱いことは悪いことではない」の実践者に”をモットーとし、発達障害や女性問題など幅広い分野を研究している。2013年度より「発達障害傾向で就業困難が予測される学生に対する 診断によらない支援研究」にて科学研究費助成(基盤研究C)を取得。学内の障害学生支援体制の構築などを行っている。

第2部 指定討論会「診断にとらわれない関わりについて」14:30〜16:00

若者の“働く”を考えるとき、私たちにとって診断とはどんな意味を持つのでしょうか。第2部では、医療・心理・教育・支援の4つの立場から、それぞれの実践を踏まえた意見を共有し、議論します。若者と向き合うために診断は必要なのか、診断名がない若者をどうやって理解すべきなのか。明日につながるヒントを、フロアの皆さんと一緒に探していきましょう。

・石島 洋輔 先生(精神科医・キャリアカウンセラー/名古屋大学医学部附属病院 精神科)
・三村 紫十美 先生(学校法人国際学園 星槎中学校 教頭)
・小石 亜希子 先生(臨床心理士/アンジェライト代表)
・荒川 陽子 氏(キャリアコンサルタント)
特定非営利活動法人 リネーブル・若者セーフティネット 代表
株式会社 LINABLEキャリア 代表取締役
・コメンテーター:肥田 幸子 先生

お申込み|締切:2019年2月16日

メールまたはFAXにて、以下の内容を明記いただきお申し込みください。

件名「働くを考える講演会」
①氏名 ②電話番号 ③住所 ④お問い合わせ内容

FAXでのお申し込み|052-745-6337
メールでのお申し込み|social.design◆litalico.co.jp(◆を@に変更してください)

事務局:LITALICOワークス 名古屋千種
〒464-0075 愛知県名古屋市千種区内山3-10-17
今池セントラルビル 9F

若者支援ネットワーク研究会in東海(SyNeT) Facebookページ

https://www.facebook.com/SyNeT2017/

SyNeTフォーラム2019