お知らせ

【ご案内】11月28日(土)第3回分野・職種横断勉強会を開催いたします!

チラシ画像
 

第3回 分野・職種横断勉強会

□テーマ□

弁証法的行動療法の『承認』と家族療法の『リフレーミング』から学ぶ感情調節支援のヒント

 
 ビューズ@名駅では、うつ病で休職されている方の支援に関わる専門職・企業人事の方など、分野・職種を問わない勉強会を定期開催しております。

各個人のできることをもちよったり、それぞれのもちよる課題の検討、同じ対象者を支援する方同士のコミュニティ形成の機会を提供しています。

企業内産業保健師、行政職員、クリニックPSW、大学病院PSW、リワークスタッフ、社労士、臨床心理士、精神科医など様々な職種の方にご参加いただき、毎回ご好評いただいている勉強会です。

 

今回は、前回ご参加いただいた方に、承認とリフレーミングのワークショップをしていただきます!

弁証法的行動療法とは、境界性パーソナリティ障害をはじめとする感情調節困難に対する有効性が実証されている心理療法です。

その治療法の中で特に重要とされている「承認」の技法は、うつ病の方に対する支援にも活かせるヒントが多く含まれています。

今回は実際に臨床・研究でご活躍されている臨床心理士の先生から、ロールプレイを通じて明日から使える承認を学べます。

 

普段の業務で本当はやりたいけど、できていないことがある。

同じ対象の方を支援している者同士で、情報交換をしたい。地域の社会資源について知りたい。

フォーマルな感じではなく、インフォーマルな活動に興味がある。

 

…くすぶっている方、奮ってご参加ください!

 

 

■ 日時

2015年11月28日(土) 13時30分〜16時30分 (受付:13時00分〜)

■ 会場

うつ病再発予防・復職・再就職支援センター ビューズ@名駅

>>>アクセスはこちら

■ 対象

うつ病で休職されている方の支援に関わる専門職・企業人事等

■ 定員     20名(先着順となります)

■ 参加費   1000円

■ タイムスケジュールと内容

13:30〜14:10 オリエンデーションと参加者同士の自己紹介

14:10〜15:00 弁証法的行動療法の概要と承認について

(リフレーミングについては補足的に)

15:00〜15:30 休憩と参加者同士の交流

15:30〜16:30 承認のロールプレイと振り返り

17:30~   懇親会

 

■■■ お申し込み・お問い合わせ ■■■

ホームページのお問い合わせ、もしくは、お電話にて以下の内容をお伝えください。

1、お名前(ふりがな)

2、ご連絡先(携帯電話番号など)

3、ご所属

3、会を知ったきっかけ

4、懇親会への参加可否

 

<ホームページからのお申し込み>

>>>ホームページからのお申し込みはこちらから

<お電話でのお申し込み>

052-462-1608 (担当:髙田・成田)